• ITの教室 – インターネットやスマホのこと

今回(こんかい)はネット依存(いぞん)、ゲーム依存(いぞん)について(かんが)えてみます。
ネットやゲームは(たの)しいので、ついやりすぎてしまうこともあるかもしれませんが、 毎日(まいにち)ネットやゲームをやっていると(こわ)いことになってしまう場合(ばあい)があります。

【ネット依存(いぞん)、ゲーム依存(いぞん)って(なに)?】

依存(いぞん)という言葉(ことば)には()りかかるという意味(いみ)があります。そして、()りかかり(かた)がひどい状態(じょうたい)依存症(いぞんしょう)とか中毒(ちゅうどく)()びます。
依存症(いぞんしょう)としては薬物(やくぶつ)・アルコール・ギャンブルなどが有名(ゆうめい)で、それぞれ、クスリ・お(さけ)・パチンコなどがなくては()きていけないほど()りかかっている状態(じょうたい)です。
ネットやゲームに()りかかっている場合(ばあい)がネット依存(いぞん)、ゲーム依存(いぞん)です。

 

【ネット依存(いぞん)、ゲーム依存(いぞん)にはどんな(ひと)がなっているの?】

(むかし)(くら)べると、ゲームやネットを使(つか)(はじ)める年齢(ねんれい)()がってきています。 (はや)(ひと)小学生(しょうがくせい)()がる(まえ)から動画(どうが)()たり、ゲームをしていると(おも)います。
この数年(すうねん)(あいだ)に、スマホでネットやゲームを(たの)しむ主婦(しゅふ)やお年寄(としよ)りも()えてきました。
(わたし)にとって、ネット依存(いぞん)やゲーム依存(いぞん)中学生(ちゅうがくせい)大学生(だいがくせい)(わか)(おとこ)(ひと)のイメージだったのですが、 みんながスマホやタブレットを()つことになってきたこともあり、主婦(しゅふ)やお年寄(としよ)り、そして小学生(しょうがくせい)でもひどい依存(いぞん)になることがあるようです。

 

【ネット依存(いぞん)、ゲーム依存(いぞん)になるとどうなるの?】

(ほか)(こと)よりもネットやゲームを優先(ゆうせん)するので生活(せいかつ)(つぎ)のように()わります。
・よふかし、あさねぼう
・やめると()めた時間(じかん)(まも)れない
(ほか)にやること(大人(おとな)なら仕事(しごと)家事(かじ)子供(こども)なら勉強(べんきょう)やお手伝(てつだ)いなど)があっても後回(あとまわ)

 

依存(いぞん)になってるか調(しら)べる】

仕事(しごと)学校(がっこう)人間関係(にんげんかんけい)など、(ひと)それぞれにストレスがあると(おも)います。 ネットやゲームを純粋(じゅんすい)(たの)しんだり、うまくストレス発散(はっさん)できていれば()いのですが、 ストレス発散(はっさん)にならず、ネットやゲームに()()んでしまうことがあります。 これを()(かえ)すとだんだん依存(いぞん)になってしまいます。

 

ストレスが(つよ)いな、ネットやゲームの時間(じかん)()えてきたな、と(おも)ったら、まずは家族(かぞく)自分(じぶん)でチェックです。
(つぎ)のチェックシートなど、何種類(なんしゅるい)かチェックできるサイトがあります。 (病院(びょういん)大学(だいがく)など、信頼(しんらい)のおけるサイトがおススメです)

http://www.kurihama-med.jp/tiar/tiar_07.html

依存(いぞん)かもしれないと(おも)ったら、電話相談(でんわそうだん)病院(びょういん)受診(じゅしん)するなど、専門(せんもん)(ひと)(はなし)()いてもらう必要(ひつよう)があります。

 

【まとめ】

(いま)()(なか)でネットやゲームに()れずに生活(せいかつ)することはかなり(むずか)しいと(おも)います。
ですが、依存(いぞん)について()っておくことで、自分(じぶん)(まわ)りの(ひと)がならないように注意(ちゅうい)することができますし、気付(きづ)くことができます。
ネット、ゲームは(みじか)時間(じかん)依存(いぞん)になってしまうことが(おお)いらしいので、(はや)めに気付(きづ)いて(はや)めに対応(たいおう)できるように時々(ときどき)チェックすると()いと(おも)います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です