• ITの教室 – インターネットやスマホのこと

前回(ぜんかい)炎上(えんじょう)についてまとめました。今回(こんかい)はわざと炎上(えんじょう)させてお(かね)もうけなどに利用(りよう)する、炎上商法(えんじょうしょうほう)(かんが)えてみます。

炎上商法(えんじょうしょうほう)とは】

ブログやtwitter(ツイッター)などが炎上(えんじょう)すると、(みじか)時間(じかん)(おお)くの(ひと)()()ます。 アイドルや芸人(げいにん)などのタレントや、企業(きぎょう)会社(かいしゃ))がわざと炎上(えんじょう)するような投稿(とうこう)をして、自分(じぶん)製品(せいひん)・サービスを()ってもらう場合(ばあい)があります。
 (おお)くの(ひと)()ってもらうためには、お(かね)時間(じかん)をかけて活動(かつどう)広告(こうこく)する必要(ひつよう)がありますが、炎上(えんじょう)をうまく使(つか)うとほとんどお(かね)をかけずに(おお)くの(ひと)()ってもらうことができます。
このようにわざと炎上(えんじょう)使(つか)って宣伝(せんでん)することを炎上商法(えんじょうしょうほう)炎上(えんじょう)マーケティング)と()います。

 

【まとめ】

炎上商法(えんじょうしょうほう)はわかりにくいことがほとんどです。というのも、本当(ほんとう)炎上(えんじょう)しているのか、わざと炎上(えんじょう)させているのかは本人(ほんにん)にしかわかりません。
本人(ほんにん)にもわかっていない場合(ばあい)もあります。そのため、後日(ごじつ)炎上商法(えんじょうしょうほう)だったとはっきりわかることも(すく)ないです。

わかりにくいとはいえ、()(かえ)炎上(えんじょう)しているタレントや企業(きぎょう)炎上商法(えんじょうしょうほう)(うたが)った(ほう)()いでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です