• ITの教室 – インターネットやスマホのこと

まもなく2016年も終了ですね。

年末年始は子供の家庭学習もだらけやすいし、普段使っているドリルを自宅において帰省するケースもあると思います。帰省先などでも簡単に、少量のプリント学習ができる「数学検定 算数プリント」を使ってみたのでレビューします。

 

【数学検定の算数プリント】

日本数学検定協会(数検)の小学生向け算数プリントです。
2016年12月20日から、コンビニのマルチコピー機で算数プリントの印刷ができるサービスが始まっています。

https://www.su-gaku.net/press_release/detail.php?id=22

使えるコンビニは「ファミリーマート、ローソン、サークルK・サンクスの日本全国約30,000店舗」とあります。シャープ製のマルチコピー機で使えるようです。

 

【プリントの内容】

2016年12月30日時点では以下のプリントが用意されていました。

名称     :算数苦手分野対策ミニドリル
内容     :小学1年生「たしざん・ひきざん」「大きさくらべ」
        小学2年生「かけ算」「三角形と四角形」
        小学3年生「重さ」「円と球」
        小学4年生「がい数」「長方形と正方形の面積」
        小学5年生「倍数と約数」「平均」
        小学6年生「分数のかけ算・わり算」「場合の数」
        ※各学年A3サイズ1枚(両面2ページ)

A3両面印刷で基本問題・練習問題・確認問題があり、いずれも100円です。

 

【印刷のやり方(ローソン)】

具体的な印刷のやり方についてはほとんど情報がありませんでしたので、実際にプリントしてきた手順をまとめました。
※ローソンのコピー機でやりましたので、ほかのコンビニではちょっと違うかもしれません。

●「コンテンツサービス」から「eプリントサービス」を選択します。
●その後、ご利用上の同意事項に同意して、「学習」を選択します。


●学習の中から「数学検定」を選択します。
他のメニューから「ひらがなプリント」「数つなぎプリント」「ぬりえ」なんかも印刷できるようです。

●学年と出力したい単元を選んで、プリントを行います。

 

【使ってみました】

年末で親戚の家族と一緒になり、違う年齢の子供がいましたので、上の子が下の子を教えることができました。
問題も標準的な内容で量も少な目だったので、気軽に取り組めると思いました。

近くに本屋がなかったり、パソコン・プリンターがない状況でも、算数を含めいろいろなプリントが印刷できます。別メニューではお誕生日の新聞印刷もありました。

コンビニのマルチコピー機はいろいろな使い方が出来るようでいつの間にかすごい進化していました。
これもネットワークサービスの一部ですので、便利になったなぁと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です