• ITの教室 – インターネットやスマホのこと

このブログのテーマは家族とITで、中でも子供とITのかかわり方に重点を置いています。

子供がITとかかわる時間は今のところ「家で過ごす時間」や「友達と遊んでいる時間」などのプライベートが多いと思いますが、学校への導入も進んでいます。

学校によって度合いは違うと思いますが、導入そのものはどんどん進んでいくことになりそうです。
そんなわけで、学校とITについても調べる機会が増えて来たのですが、用語がなかなかわかりにくいと感じることも多くなりました。

%e4%b8%a1%e8%a6%aa%e3%83%8f%e3%83%86%e3%83%8a

例えば「ICT教育」とか「アクティブラーニング」などの用語や、最近は「プログラミング教育」もよく見かけます。
学校関係者や教育系の仕事をしている人はともかく、ほとんどの保護者にとってなじみがない用語ではないかと思います。

私自身、ネットで検索しても専門的な解説が多く、理解になかなか苦労しています。

私はシステムエンジニアを長くやっているのでIT系の人間です。
そのため、教育系の方々の解釈や実感とは異なる点があるかもしれませんが、エンジニア視点で学校とITにかかわる新しい教育用語についてまとめていこうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です