• ITの教室 – インターネットやスマホのこと

こんにちは、ITのとびらのおとうさんです。 スマホはアプリをインストールすることでゲーム・動画(どうが)・ショッピング・メッセージなど色々(いろいろ)なことができるようになります。 (たの)しかったり便利(べんり)だったりするアプリですが、(なか)には危険(きけん)なものもあります。 とびら20160123 危険(きけん)なアプリとは(たと)えば(つぎ)のようなアプリです。

1.スマホを(とお)くから操作(そうさ)することができる。
「スマホを()としたときに、()らない(ひと)使(つか)われない」ためのアプリですが、(わる)使(つか)(かた)をすると、 自分(じぶん)()づかないうちに、カメラでのぞかれたり勝手(かって)にメッセージを送信(そうしん)されたりします。 むしろ、(わる)使(つか)(かた)のために(つく)られているものもあります。
2.アプリの(なか)にあるプロフィール・アドレス(ちょう)などの情報(じょうほう)(あつ)める
スマホの(なか)には個人情報(こじんじょうほう)()ばれる名前(なまえ)連絡先(れんらくさき)などのデータがたくさんあります。 これを(あつ)めるためのアプリです。 とてもたくさんの種類(しゅるい)がある、危険(きけん)なアプリの代表(だいひょう)です。
3.文字入力(もじにゅうりょく)内容(ないよう)記録(きろく)してサーバーに送信(そうしん)する。
スマホからショッピングやオンラインバンキング(銀行(ぎんこう))を使(つか)場合(ばあい)、パスワードを入力(にゅうりょく)することがあります。 この入力内容(にゅうりょくないよう)(ぬす)()すアプリがありました。勝手(かって)()(もの)されたり、お(かね)()()されてしまうことがあるかもしれません。

  (ほか)にも、勝手(かって)有料(ゆうりょう)サービスに(もう)()んだり、スマホをロックして身代金(みのしろきん)請求(せいきゅう)したり、色々(いろいろ)なパターンの危険(きけん)なアプリがあります。 危険(きけん)なアプリなんて()れなければいいのですが、()づかれないように普通(ふつう)のアプリのふりをしています。 たとえば、(つぎ)のように普通(ふつう)のアプリのふりをしていました。 ・電池長持(でんちながも)ちアプリ ・有名(ゆうめい)アプリのそっくりさん ・きちんと(あそ)べるミニゲーム また、(にせ)メッセージを次々(つぎつぎ)(おく)るアプリもありました。 友達(ともだち)から「このアプリを()れるとギフト(けん)もらえる」というメッセージが()て、そのアプリをインストールさせようとします。 もしそのアプリを()れてしまうと、自分(じぶん)のスマホにある連絡先(れんらくさき)にも(おな)じメッセージを(おく)()けます。 もちろんギフト(けん)はもらえません。 これらのアプリは自分(じぶん)だけでなく、やり()りをする家族(かぞく)友達(ともだち)にも(ひろ)がります。 アプリをれるまえにチェックする習慣しゅうかんをつけてほしいとおもいます。