• ITの教室 – インターネットやスマホのこと

こんにちは、ITのとびらのお父さんです。

わが家のおねえちゃん(小3)は最近タブレットを使う時間が増えてきました。
宿題・習い事・遊びのスキマ時間についタブレットに手がでてしまう、まさに大人と同じ状況です。

ゲームとその攻略動画や占いなどのページを見ることが多く、目にも学習にも心配です。

・スキマ時間にタブレット以外の選択肢を作れないか
・タブレットを使う場合でも、自然に学習につなげることはできないか

という視点で、子供向けの新聞・ニュースについてアナログ・デジタル両面から調べてみました。
(文中の価格は2015年12月時点のものです。)

【アナログ】
まずは定番の子供新聞です。全国紙だと以下の3つ。

朝日小学生新聞 普通サイズの新聞で8ページ、日刊。毎月1,769円。
毎日小学生新聞 半分サイズ(タブロイド判)の新聞で8~12ページ、日刊。毎月1,580円。
読売KODOMO新聞 半分サイズ(タブロイド判)の新聞で20ページ、週刊。毎月500円。

ほかに月間のニュース雑誌があります。

ジュニアエラ 朝日新聞社の月刊誌です。子供向けアエラ。490円。
月刊ニュースがわかる 毎日新聞社の月刊誌です。380円。

日刊はきちんと読めるか気になりますので、
・サンプルを1部、販売店で購入
・1週間の試読
・1ヶ月の契約
・6か月の契約
という感じで試して行こうと思います。

読売KODOMO新聞は週刊のため鮮度が少し落ちますが、創刊が新しくおしゃれな紙面となっています。
我が家では毎日小学生新聞と読売KODOMO新聞の2誌でスタートして様子を見ることにしました。

月刊の2誌は新聞の具合を見てから検討してみようと思います。

【デジタル】
子供向けのニュースサイトをネットで調べると、「Yahooキッズニュース」などいくつか出てきますが、2015年12月時点では結構閉鎖になっているものが多いようで残念です。
そんな中で今使えそうなデジタル媒体をいくつか見つけました。

NHK NEWS WEB EASY  NHKのNEWS WEBの小学生・外国人向けページです。
◎ Web広告はありません。
◎ ルビは見出し、記事ともにすべてについているようです。
◎ 記事中の一部の単語に解説がついています。
◎ 機械音声っぽいけど、記事の読み上げもあります。
△ Androidでは振り仮名がうまく表示されないので、少し工夫が必要です。
毎日小学生新聞  毎日新聞のサイトの「教育カテゴリの毎日小学生新聞」にページが作られています。
△ 一般サイトの一部ですので、Web広告が表示されます。
○ ルビは見出しにはついていませんが、記事はすべてについているようです。
読売KODOMO新聞  読売新聞のサイトで「YOMIURI ONLINE」の中に「KODOMO」ページが作られています。
△ 一般サイトの一部ですので、Web広告が表示されます。
△ ルビは見出しにはついていませんし、記事にもついているものといないものが混在しています。
ジュニア朝日  朝日新聞の子供向けサイトで、毎日や読売のように一般サイトの一部ではなく、独立しています。
○ 購読申込みの広告以外のWeb広告は塾や教材などが多くなります。
◎ ルビは見出し、記事ともにすべてについているようです。
△ トップ記事以外の記事が少し深いところにあり、数回のクリックが必要です。

「NHK NEWS WEB EASY」は広告もなく、単語に解説がつく・記事の読み上げがあるなど抜群です。
ということで、このページを子供が使うタブレット(Nexus7)から読みやすいように設定しました。
△となっている通り、Androidで「NHK NEWS WEB EASY」を見る場合はちょっとコツがありますので改めて解説します。

尚、毎日と朝日には紙面をそのままデジタルにした電子版が存在しますが、紙で購読したほうが目に優しくじっくり読むことができそうです。
購読料の割引もほとんどありませんので小学生新聞の電子版は個人的には魅かれませんでした。

すでに新聞離れが起きていますし、子供たちが成長するころには紙の新聞がどうなっているかわかりません。
しかし、新聞社の記事は今後もネット上に掲載され続けると思います。
ネット上の情報(ブログやまとめサイトなど)は信頼度が高いとは言えませんので、新聞社がきちんと取材・裏付け・編集した記事を読むことはとても良いことだと考えています。
紙面や本などのアナログ媒体とWebやアプリなどのデジタル媒体の両方から情報を取得する力はますます重要になると思うので、その第一歩になったらと思います。