• ITの教室 – インターネットやスマホのこと

最近、ニュースで「スマホ老眼」という言葉が取り上げられています。

これは、スマホの使い過ぎで老眼に似た感じになって、目のピント調節がうまくいかなくなること。
20代や30代でもこの症状が出るそうです。

「スマホ老眼」をネットで調べると、どうやら眼精疲労のようです。
・目を休める
・蒸しタオルで目を温める
・遠くと近くを交互にみる
・目をぐるぐる回す
など、眼精疲労を解消する方法が効くようです。

一方、本物の「老眼」の方は20代から60代にかけて、徐々に進行するもののようです。
正常な変化、つまり、病気ではない、、、ということで治療などもなく、メガネやコンタクトで矯正することになります。

「スマホ老眼」は名前の通りスマホの使い過ぎがクローズアップされています。
もちろん、スマホも主要な原因の一つでしょうが、
・20代後半や30代であれば、本物の「老眼」もそれなりに進行している。
・細かい字や映像を近くで見るという、スマホの画面を見ることがそもそも「老眼」を認識しやすい動き。
・今の20代、30代は任天堂DSをはじめとする携帯ゲーム機を子供のころから使っている世代。
など、スマホ以外にも考えられる原因がいくつかあると思います。

「スマホに限らず、眼精疲労をひどくさせないこと」が大切なのだと思います。

わが家のおねえちゃんは小学3年生。タブレット見る時間が徐々に長くなっている、「眼精疲労が日常的になりつつある」お年頃です。
将来的には、今の20代・30代以上に「眼精疲労」に注意が必要でしょう。

そして、おとうさんは30代後半で、本物の「老眼」も少しずつ気になりだしてきたころです。
通勤の電車の中ではついスマホを見てしまいますし、仕事もパソコン中心で、これまた「眼精疲労」の要素たっぷりです。

ということで、スマホ・タブレットの使い過ぎに注意することはもちろんですが、眼精疲労対策を親子で取り組んでみようと思います。